kodomo02_l万が一に備える生命保険ですが、その種類や契約内容によっては課税対象となるということを知らない方が多いようです。死亡保険金や満期保険金、解約時に支払われる解約返戻金などの一時金、祝い金などがその対象となります。
保険の種類や契約内容によって掛かる税金は変わってきます。そして、それは契約した保険の名義が誰になっているかという部分で決まります。主な税金は所得税、相続税、贈与税などです。
死亡保険金は配偶者が受取人の場合、相続税を支払うことになります。しかし、生命保険の非課税枠分と相続税の基礎控除分が大きいため、余程のことがない限り相続税は掛からないと見て問題ありません。ただ、契約者、被保険者、受取人のすべてが異なる場合は税率の高い贈与税が掛かってしまうため、名義は確認しておく必要があります。
生命保険が満期を迎えた時に貰える満期保険金ですが、こちらは契約者と受取人が同じなら所得税を支払うことになります。違う場合は受取人が贈与税を払うことになり、贈与税が最も負担が大きいため所得のない方は受取人にしない方が良いです。
解約返戻金にも同じく税金が掛かりますが、満期時より小額なため掛かる税金は安くなります。基本的には契約者や受取人などの部分を見直し、贈与税が掛からないようにするのが最適な対策と言えます。

kodomo01_l生命保険の保険内容には2種類があります。生命保険は主となる保険があり、これが主契約です。生命保険のうちオプションで主契約では補えない保険内容を付け加えることがありますが、これが特約です。
オプションで付け加えることで、生命保険の保証内容を拡張できるので、多くの人が自分にあった保証内容となるようにオプションを付けます。しかし、オプションを付ければつけるほど保険料が多くなります。
オプションは契約期限になると自動更新になることもあります。自動的に更新されるかは保険を契約するときに確認できるので、必ず確認して下さい。確認を行わないと将来的に保険料が膨大となることもあります。
保険料は年を取るごとに増加していきます。自動更新されると保険料が年齢によって再計算されるので、保険内容を見なおさないと知らない間に保険料がかなり高くなることも多いです。
保険内容によっては、必要なくなるものもあります。それを解約することで保険料を抑えられます。自動的な更新ではこの見直すタイミングを逃してしまうことになります。
更新を自動で行ってくれることは、新たな手続きをしなくても良いので便利です。しかし、定期的に保険の内容を確かめて、時には解約をするなどして、保険料を抑えるようにしてください。

water01_l多くの方が生命保険などの保険に加入していると思いますが基本的に期限があります。この期限が終わり保険が完了する事を満期と呼ばれていたりします。満期になり保険が終わると次の保険を選び、審査を受けて再度、保険に加入する場合があります。
しかし保険の中には自動更新と言うサービスがある物もあります。このサービスは期限が完了した際に、ほぼ同じ条件で再度保険が開始する事が出来ます。このサービスを受けると違う保険を選ばなくても良くなったり面倒な審査が無かったりする事もあります。また更新時に一時金が出る場合や病気等により保険審査に受かりにくくなった場合に有効とされています。
しかし自動更新の場合、基本的にサービス内容などを大きく変える事が出来ない場合が問題なります。
定期保険の途中で辞める事を解約と言い一時的に返金して貰えたり、保険料を払う必要が無くなります。解約は満期の時より返金が少ない場合が多く返金されない事もあります。
理想は解約しないで満期を繰り返し同じ保険でもサービス内容の変更等で対応して行ける事が理想です。しかし入院した時や万が一の時に何の役にも立たなければ意味がありません。
そういう事が無いように更新を確認する事も大切です。余裕を持って必要な保障内容や契約の確認をお勧めします。

heart01_l解約返戻金とは、保険契約を途中で解約した時に保険会社から保険契約者に払い戻しされるお金のことを言います。実際の金額は、支払っていた保険料の貯蓄分の額から解約控除額を引いた額となります。
解約控除額とは、生命保険会社の手数料です。したがって、通常、払い戻し額は支払った保険料の総額よりも低くなります。
また、解約時に支払われる金額を保険会社に払った保険料の総額で割った額が解約返戻率で、この数値が高いほど、運用性の高い商品となります。
貯蓄性の高い、終身保険や養老保険では、満期時にはこの数値が100%を超える商品もあります。
解約時の返戻金を自分で確認する場合、貯蓄分の額というのが重要なポイントとなります。自分が払っている生命保険料のうち貯蓄分が少ない場合もあるからです。
その場合、払い戻しされる金額は保険料として支払った総額よりもかなり低くなります。現在、販売されている生命保険は定期保険と終身保険を組み合わせたものが多く存在します。
定期保険は掛け捨て型なので返戻金はほとんどないのです。自分がどのような保険に加入しているのか、貯蓄分の額はいくらなのかを確認することで、返戻金のおおよその額を予想することができます。

docter04_l生命保険に加入していると契約期間があります。契約期間内に亡くなった場合には、死亡保険金が支払われます。しかし、契約期間内に亡くならなかったら死亡保険金が支払われません。その代わり契約期間終了日の次の日に満期保険金が支払われます。
その保険金は契約期間内に亡くなった場合にはもらえるはずであった、死亡保険金と同じ額の保険金です。亡くならなくても保険金がもらえるということで、お得感が味わえます。
契約が満期になった時に保険金がもらえる生命保険は、養老保険と呼ばれます。また、学資保険でも満期で保険金がもらえます。
お得感が味わえる制度ですが、注意したいことはあります。それは返戻金が少ないということです。つまり保険料で支払った金額よりも保険金として受け取れるお金が随分低くなります。このため、保険に加入するよりも貯金をしていた方が老後に使えるお金は多くなります。
しかし、貯金では万が一の時には対応できません。万が一のために生命保険に加入していることは悪くありません。
生命保険に加入する際には、保険料の支払金額や保証内容を確認して加入するのが良いです。パンフレットやホームページの情報などを参考にして、保険を選んでください。よくわからないときには、保険会社の説明を受けるのも良いです。

docter03_l生命保険に加入する事は、非常に大切な事です。生命保険に加入していれば、突然事故にあった時や、怪我や病気をしてしまった時などに、一定額を保険会社が負担してくれます。
しかし、中には元から大きな持病を抱えている方もいます。そのような方は、生命保険の契約を結ぶとき、審査に落ちて加入できなくなる場合があります。やはり保険会社も、保険会社側で負担するという金額は少なくしたいものです。元からご病気がある場合には、加入できない生命保険もある事を心得ておくといいです。
生命保険に加入する時は、その契約期間を選ぶ事ができます。一生保険に入っていたいという方は、一生のタイプを選べばいいですし、10年を選ぶ方も中にはいます。
満期という言葉をよく聞きますが、この言葉の意味というのは例えば10年契約していた方が、10年後になると、契約期間が終了し、その契約を更新しなければいけないという事になります。
保険会社からは、その通知が来るので、よくわかるようになっています。解約も勿論できます。契約期間が満了していなくてもできるので、安心です。
他の生命会社でいい条件のところが見つかったから、その生命保険会社に変更するという事もできます。
その際には、契約解除の手続きが必要になってきます。

docter02_l払込期間とは、文字の通り保険料を支払いこむ期間のことを指します。その期間は、終身払い、短期払いの二つがあります。
終身払いは、一生涯保険料を支払いの義務がありますが、その分、支払毎の保険料が安く設定されています。短期払いは、その保険料を短期で支払うために、一回に支払う保険料は高くなるのが通常です。そのうちの短期払いについて詳しくみていきます。
保険料の支払い方法は3種類あります。一つは月払いです。これは総額の保険料を月で割って保険料を払い込みます。二つ目は、一括払いです。これは保険料をすべて一括で支払う方法です。三つ目は、年払い。保険料を年数で割って支払う方法です。
保険料の払い込む期間の金額をまとめて払い込むほど、全体としての保険料の支払い料は安くなります。そのため、保険料を安くしたいと考えるならば、一括払いが一番安くなります。その次に年払い、月払いの順で続きます。
中には、もし先に支払ってしまった場合、解約したらお金は返金されるかということを心配する人もいます。先に保険料を支払ってしても大丈夫。契約月まで達していない分は、きちんと返金されます。
保険に充てる費用と保険料を払い込む期間を十分に検討して、払込方法など検討する必要があります。

docter01_l保険には払込と保障という二つのタームが存在します。一般に保険期間というとこの二つを指しますが、とくに払込期間は大切になってきます。
これについては終身保険を見ていくと分かりやすいですが、払込には短期と終身が存在します。短期は契約の途中で払込を終えてしまうもので、保険料は割高になりますが、その後は保障が一生涯続くことになります。あるいは、養老保険のようなものであれば、満期となった段階で保険金が支払われます。
一方で、終身払いにすれば保険料は割安になってきます。しかし、終身保険であれば死亡時まで保険料の支払いが続くことになります。保険は必要になる時期が不透明なので、どちらの期間を選ぶのがいいかを一概に決めることは難しいものです。ただ、前述のように満期保険金を得られるようなものであれば、確実に満期を迎えた方が得となります。
定期保険は多少イレギュラーで、一度契約満了を迎えても基本的には自動更新されていきます。その際、新たな保険料が再計算されます。毎回の保険料は掛け捨てとなるので、その点は多少不利といえます。ただし、保険料自体がほかに比べて割安であるという利点があります。期間と保険料の関係を考慮して、最適なものを選ぶことが大切です。

copsel02_l生命保険という保険サービスは、いざという時に備えて加入しておくと安心です。世の中、いつ誰がどうかるかわからないものです。だからこそ、もしかしたら近いうちに不幸が訪れることもありえるのです。
そして残された身内や遺族に対して何も出来ないのか、ただ迷惑をかけることしかできないのかという時、生命保険に加入していれば、遺族に給付金を渡すことができるのです。
このように、身内や家族のことを考えるなら、いざという時のためにも生命保険に加入しておくと安心なのです。
生命保険は一定の期間まで、保険会社により定められた保険料を支払っていくものです。保険料については保険会社ごとに様々であり、頑張って探せば安いところもあります。
また、支払い方式がいくつも存在し、月ごとに支払う月払いから、半年ごとや一年ごとに支払う方式など、様々な支払い方法があります。
基本的に支払う回数が少ないほど、利息が少なくなるため、金銭的にはお得となっています。しかしながら、無理して一度に支払う必要はないので、自分の経済状況に合った支払い方法で払っていけば問題ありません。
大事なのは確実にお金を払うことができるかどうかです。そのためにも、無理なく支払える料金や支払方法を選んで、支払いを停滞させないように注意するべきです。