kodomo01_l生命保険の保険内容には2種類があります。生命保険は主となる保険があり、これが主契約です。生命保険のうちオプションで主契約では補えない保険内容を付け加えることがありますが、これが特約です。
オプションで付け加えることで、生命保険の保証内容を拡張できるので、多くの人が自分にあった保証内容となるようにオプションを付けます。しかし、オプションを付ければつけるほど保険料が多くなります。
オプションは契約期限になると自動更新になることもあります。自動的に更新されるかは保険を契約するときに確認できるので、必ず確認して下さい。確認を行わないと将来的に保険料が膨大となることもあります。
保険料は年を取るごとに増加していきます。自動更新されると保険料が年齢によって再計算されるので、保険内容を見なおさないと知らない間に保険料がかなり高くなることも多いです。
保険内容によっては、必要なくなるものもあります。それを解約することで保険料を抑えられます。自動的な更新ではこの見直すタイミングを逃してしまうことになります。
更新を自動で行ってくれることは、新たな手続きをしなくても良いので便利です。しかし、定期的に保険の内容を確かめて、時には解約をするなどして、保険料を抑えるようにしてください。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。